婚約指輪は決意の塊~薬指で綺麗に輝く愛のカタマリ~

ハート

結婚記念に動画を撮ろう

結婚式をあげる夫婦の経歴を記録に残すビデオです

冠婚葬祭

プロフィールビデオという言葉があります。 これは単純な意味では例えればテレビなどで有名なアーティストなどがバイオリンの音楽に合わせて、その経歴や結果や功績を紹介されるような番組があると思います。 あれも一種のプロフィールビデオであり、カタカナであれど英語の意味そのままの言葉のワードとなります。 英語でprofile videoとなるこのワードは、prfile(経歴)とvideo(映像)を意味するようにそのまんまの意味で経歴を示す映像記録という意味合いがあります。 これは時には企業などのプロモーションなどで従事した技術者などの紹介を用いてスポンサーを付ける為の宣伝などにも使われたりしますが、結婚式の舞台では違う意味合いを持つ事となります。 それは思い出です。

プロフィールビデオとは挙式の思い出でもあります

結婚式場でのプロフィールビデオとは結婚式場運営企業の行う挙式プランの内の中にある1つのイベントであり、夫婦が依頼するか否かを決める内容でもあります。 プロフィールビデオとは、依頼する夫婦と映像撮影班の方々とが話し合い、動画を撮り、そして必要があれば様々な編集を用いてビデオ、現代ではDVDやブルーレイなどですが、映像記録媒体に残して挙式を行ったという記録の思い出を残す事が出来るモノでもあります。 そしてそれは挙式日までに撮るを終了するタイプと、後続的に二次ビデオとして挙式の映像も絡めた映像記録を撮るタイプと選べたりするプランもあります。 そしてこれは挙式に参加した方々に対して配布する事も出来れば、夫婦だけの思い出として残す事が出来ます。 時には挙式で大画面のスクリーンで映像を流すなどのパターンもあります。 それは夫婦側が相談し合い、そしてブライダルスタッフ側とも密接に話し合って細かく決めて、後々の思い出の1つとしてしていくか否かを決めていく事が大切な要素でもあります。